外壁塗装の意味とは?

ヤクザに学ぶリフォームマイホーム > 塗装 > 外壁塗装の意味とは?

外壁塗装の意味とは?

外壁、屋根塗装をする理由というのは防水になります。水というのは予想以上に建物を劣化させることになります。ですから、外壁塗装とは建物を守るために実施されているわけです。もちろん、新しく外壁の塗装をした壁はとても美しいですから、見た目の美しさもメリットではあります。断熱もメリットの一つになっています。しかし、なんといっても基本は防水になります。大体、どのくらいで塗り替えるべきであるのか、というのはその家の状態によって違うことになりますし、使っている塗料剤によっても違うでしょう。安いアクリルであれば5年程度でしょうし、フッ素系の高い塗料であれば15年くらいは持つことになります。やはりよいものは高い、というのは外壁塗装においても同じことがいえるのです。高ければとにかくよいわけではなく、例えば5年くらいしか持たせる気がないのであればアクリルでもよいでしょう。計画的に行うことが外壁塗装には求められることになります。

オンテックスの口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?