肘関節痛の原因

肘関節痛の原因

肘が痛くなる原因は、肘が炎症を起こすためです。ではどうして炎症を起こしてしまうのか。それは病気やケガやスポーツ、力仕事によって肘に炎症が起こるのです。症状としては、長い間ゆっくり痛みが進行していくものや、怪我などにより突然痛くなることがあります。肘を痛めるスポーツでは野球やテニスが有名です。どちらも肘を酷使するスポーツです。特に投手の場合は、変化球などを投げる時、無理な肘の動きをすることがありますので、肘を痛めやすいのです。そういう場合は投球を禁止し整形外科に行くといいでしょう。テニスにもテニス肘というのがあり、過剰なストロークにより肘が炎症を起こし肘を痛めてしまいます。この場合もテニスを禁止しアイシングをして整形外科に行くと良いでしょう。肘痛はその他にリウマチや変形性肘関節症などがあります。リウマチは滑膜に炎症が起こり、関節が壊れていく病気です。変形性肘関節症とは、力仕事やスポーツなどによって肘関節の軟骨がすり減ったり変形して痛みが起こります。いずれの症状の場合でも安静にし、整形外科に行くと良いでしょう。

グルコンEX錠プラスの口コミ・評判!効果、副作用、成分は?